今の主人とまだ付き合っていた頃主人がミニクーパーという車種に乗っていて、今だから笑えることがいろいろありました

小さくて可愛いイメージのミニクーパー
小さくて可愛いイメージのミニクーパー

ミニクーパーという車種はいろいろ面白いことがありました

小さくて可愛いイメージのミニクーパー
今の主人とまだ付き合っていた頃、車にこだわりのある主人は、いろいろな車を乗り換えていました。
とはいえ、社会人になり働き始めの頃でしたから、たくさんの資金があるわけでもなく、好きな車種のかなり年季の入った中古車を乗り次いでいました。

その中でも今だから笑える面白い出来事が起きたのが、古い型のミニクーパーでした。
見た目もかわいかったですし、古い割には内装も綺麗なその車は、購入当初は順調に走っていました。
ある時、些細なことで喧嘩をした私たちは、お互いそっぽを向きながらそのミニクーパーに乗っていました。
すると、そっぽを向いた私の視線の先のクーラーの吹き出し口から、白い煙がもくもくとあがってきたのです。
あまりの恐ろしさに、喧嘩していたことも忘れ、すぐに近くの駐車場に止まりました。
前方のボンネットからも白い煙が出て、まるでテレビででてくるドラマのようでした。

またある時は、普通に道路を快調に走っていたのですが、道路が少しがたがた道が続いていて、何回目かのがたがたの時に車がジャンプしたかと思うくらい揺れたと同時に、車の屋根が自分と主人の頭の上から落ちてきたのです。
あまりの光景に信じられませんでしたが、主人は屋根を上に押し上げながら、車を止められるところまで走らせ、私もそれ以上屋根が落ちてこないように、必死で押さえていました。
きっと主人の乗っていた車種が古かったからだとは思いますが、アニメに出てきそうなことばかり起こり、その時は信じられない気持ちでいっぱいでしたが、今では笑える思い出となりました。

Copyright 2017 小さくて可愛いイメージのミニクーパー All Rights Reserved.