ミニのスポーツモデルという存在がミニクーパーと呼ばれる車種です。この名前は旧型から引き継がれた名前です。

小さくて可愛いイメージのミニクーパー
小さくて可愛いイメージのミニクーパー

ミニクーパーはかわいい車種です。

小さくて可愛いイメージのミニクーパー
ミニの中でも、走りをイメージさせるのがミニクーパーです。
歴史的にも非常に有名な車種だと言えます。
旧型ミニから引き継がれているミニクーパーの名前は、F1のコンストラクターズチャンピオンにも輝いた、クーパーカンパニーの創始者であるジョンクーパーの名前に由来しています。
登場したのは1962年のことで、1964年のモンテカルロラリーに優勝することで一躍その名前を高めました。
またその派生モデルであるクーパーSも65年と67年に、同じくモンテカルロラリーの優勝に輝いています。

それ以来ミニと言えば、ミニクーパーと言えるほど有名な存在となり、当時のミニクーパーの名前は広く世間に浸透するようになっているのです。
また、当時のミニクーパーには当時の小型車にはほとんどなじみの無かったSUキャブやディスクブレーキなどが装着され、まさに走るための車となっていたのです。
BMWが発売する現行のミニにもミニクーパーの名前が採用されています。
それほどミニと言えばミニクーパーと言えるほど、イメージが定着していたからだと言えるでしょう。
ただし現行のミニクーパーは、クーペモデルであるだけで、以前のように特別な仕様になっているわけではありません。
しかし、ミニを愛する人々にとって、ミニと言えばミニクーパーと呼べるほど人気のモデルであるため、現行のミニでも人気は変わらないと言えます。
ミニの歴史はこのミニクーパーの名前と共に歩んできたと言えるからです。

PICK UP! サイト情報

Copyright 2017 小さくて可愛いイメージのミニクーパー All Rights Reserved.